お使いのブラウザーでは表示が崩れている可能性があります。

Google ChromeMicrosoft Edgeなどのブラウザーからご覧ください。

WorkstyleOSのオフィスDX

入館ゲート連携

ゲストもホストもスムーズな入退館管理

受付・入退館管理の全体の機能はこちら

入館運用で困っていませんか?

  • 受付を兼務していて本来の業務を圧迫している
  • ゲートを解錠しに向かわなければならない
  • インターホンがスマートじゃない

WorkstyleOSは入館ゲートを会議予約システムや受付システムと統合しクラウド管理することで、社員はもちろん、ゲストの入退館までを自動化します。

さまざまな認証方法で
ゲストもスムーズに解錠、入館

ゲストはQRコードをゲートと連携したiPad、またはゲートのQRコードリーダーにかざすだけで入館処理が行えます

アポイントコードで
アポイントの招待時に送られるQRコード
入館証で
来社の際、受付後に自動発行されるQR付き入館証
チャットツールやFaceTimeで
担当者に直接通知や通話が届き、確認
定期パスで
一定期間繰り返し来場する人に向けたQRコード

認証後は自動で解錠、または担当者が来訪通知を受け取り後に解錠

既設の設備をそのままで

運用や設備を活かして導入できます。メーカー問わず、あらゆる連携実績があります。

フラッパーゲート

自動ドア

電子錠・
スマートロック

エレベーター

担当者が直接ゲスト対応

ゲストの担当者に直接届く来訪通知から応答やゲートの解錠ができるため、受付対応の属人化を解消し、ゲストをお待たせすることもありません。

アポイントなしゲストの対応

アポイントのないゲストの来訪の際は、FaceTime通話でゲストをカメラ越しで確認したり、受付iPadに入力された氏名や会社名を元に確認するなどのメニューを構築できます。

ログの記録

受付や解錠の履歴は自動で記録されるため、セキュリティも安心です。

ワーカーの入館

ゲストだけでなく、ワーカー(社員)入館時のゲート解錠にも対応しています。専用スマホアプリからQRコードをかざしたり暗証番号を入力することで解錠が可能です。

事例

実際のお客様のゲスト来訪から入館までの運用をご紹介します。

お客様が実現したこと

省人化

有人受付を無人化にできた

有人受付はアポ無し対応のみにして受付の負担を減らした

コストカットに繋がった

効率化

受付業務を兼務していた守衛や総務が開放され
本来の業務ができるようになった

入館記録をデジタル化できた

受付時の訪問者入力の手間が省けた

認証番号: ISA IS 0170 (本社のみ)
© 2022 ACALL Inc.