次世代
エンタープライズオフィス

生産性向上に繋がるこれからのオフィスづくり

従来の
エンタープライズオフィスの課題

入退室/受付対応
  • 入退室の記録がとれないとセキュリティーが不安
  • 入館証の用意が大変
  • 来客対応や配達対応の取り次ぎに追われる
会議室/スペース運用
  • 会議室の予約管理に手間がかかる
  • 会議室の実際の利用状況が見えづらい
  • フリーアドレス制の運用が難しい
スペース管理/価値
  • 複数の管理ツールの併用で効率が悪い
  • オフィスの価値を向上したい
  • ソーシャルディスタンスなど感染対策が気になる

WorkstyleOSで
できること

エントランス

エントランス

ゲート連携でアクセスコントロール・入退館履歴の記録

自動ドアや電子錠と連携し、ワーカーはiPadで認証し解錠。
ゲート解錠履歴の記録は従業員だけでなく来訪者の入退館履歴をとることも可能です。
  • 二次元コード二次元コード
  • 顔認証顔認証
iPad解錠

iPad受付で取次業務の削減

来訪者や配達は担当のワーカーまで直接通知が届き、そのまま対応。
部署やチームごとの異なる運用に対応し、受付表示方法や通知方法やデザインなどは自在にカスタム。
ACALL RECEPTIONの詳細はこちら
Slack通知の例
Slack通知の例
iPad受付iPad受付
フリーアドレスエリア

フリーアドレスエリア

座席利用状況の把握

WorkstyleOS Portalではタイムライン形式で座席の予約状況と利用状況を確認、予約します。
ダッシュボードは通常表示の他、予約端末(iPad)モードやディスプレイサイネージモードもあります。
座席利用時にはACALL mobileで座席に設置された二次元コードをスキャンし、チェックインします。
これにより、座席利用者の記録や座席率を把握することができます。
座席チェックイン機能の詳細はこちら
フリーアドレス
ドリンクサービス
アポイントコードや入館証、ワーカーコードをかざせばそのままドリンクの購入が可能になります。
ゲストへのおもてなしや社員への福利厚生などに活用いただけます。
会議室

会議室

利用状況・履歴を把握しカンタン予約

あらゆるデバイスからリアルタイムの利用状況を確認し、予約できます。
チェックイン管理により入退室実績をとり、ダッシュボードでデータの可視化や細かな履歴の出力が可能です。
また、会議中にはACALL MEETINGのファシリテーション機能が会議の効率化、生産性向上に役立ちます。
ACALL MEETINGの詳細はこちら
ACALL MEETINGと会議室予約画面
※あらゆるデバイス
WorkstyleOS Portal(Webブラウザ)
ACALL mobile(スマートフォンアプリ)
ACALL MEETING(会議室端末 iPadアプリ)
カレンダーツール(Googleカレンダー・Outlook予定表)
外部会議室・ワークスペース

外部会議室・ワークスペース

社外ワークスペースの利用

オフィス出社人数が多く、業務スペースや会議室が足りない時には、近隣のワークスペースも簡単に予約・利用が可能です。

社外ワークスペースとして貸し出す

上記とは反対に、オフィス出社人数が少なく業務スペースや会議室などに遊休スペースがある場合には、他のWorkstyleOSユーザーへ貸し出せます。企業間コミュニケーションのきっかけにも繋がります。
外部ワークスペースの詳細はこちら
予約スペース
チェックイン

オフィス全体

あらゆるセンサーで情報を見える化

リモートセンシングや非接触テクノロジーなどを活用し、オフィス環境などの情報を収集、WorkstyleOS Portalのダッシュボードで可視化します。
センサーの活用例
  • 二酸化炭素濃度の測定データ活用で密を避ける行動を促す
  • 赤外線センサーによる行動データの活用で生産性低下の可視化
  • 座席センサーではたらいている場所の共有とヘルスマネジメント

スポットチェックインで出社している人の把握

勤務開始時に行うチェックインにより、「誰が・どこに」いるのかを可視化し、コミュニケーションを取りやすくなります。
シェアオフィス勤務を自宅や他オフィスと併用している企業でも場所による隔たりを感じにくくなります。
ACALL WORKの詳細はこちら
ACALL WORK
ACALL WORK
WorkstyleOS Portal
WorkstyleOS Portal